"EPCOTIA"初回盤を聴いて.

lapislazuliruriiro.hatenablog.com

こちらに続きましてコピペものです。

 

NEWSの最新(?)アルバム、EPCOTIA。2018年3月21日発売。

買って聴いて3日後くらいに書いたのが残っていたのでペーストしまする。

 

 

1. EPCOTIA SAFETY GUIDE -INTER-
声優さんには全く詳しくない私にも聞き覚えある声で幕を開けたEPCOTIA。
沢城みゆきサン。NEWSな2人のVTRナレーターさんですね。
プリキュアとかにも出演しているとの噂。
宇宙旅行に向けて飛行機で聞き慣れた注意事項が読まれ、旅への期待が高まる。

コンサートでも流すのだろうか…?!

2. EPCOTIA
正直この"EPCOTIA"の文字のハメ方はどうなの?って思ってたけどもはや今となっては気にならない。笑
今回のアルバムもやっぱりまっすーの美しいイケボでスタートをきりました~!!
"声あげろ"が最初ってのもなんかかっこいいわ。
変に気取ったり愛を語ったりしないシンプルなこのアルバムのためのパーツって感じで好き。
でも多分NEWSの中で好きな楽曲ランキングとか作ったとしたら入らない…。
侮辱してるわけじゃなく!!
そういう曲もないとね。"宇宙旅行"っていう定まったテーマがあるのだから。

3. KINGDOM
ありがたいことに恒例となってきたサッカーソング。
今までのタイトルが入った最強に力強いポップな応援歌。
いつも以上に高いキーはおもいっきり歌うと絶対気持ちいいだろうな。
コンサートで盛り上がること間違いなし。
変におしゃれな歌詞やメロディーはなくて、ストレートに背中を押されるはず。

4. TWINKLE STAR
キラキラした星。素敵なタイトルとは裏腹に歌詞は悲しく残酷。
個人的にはサビ前の一説

「宛名のない文を書く」
「返事のない文を待つ」

のコヤシゲが好き。慶ちゃんの力強い声が大好き。
そして不思議に思ったのがあの作家先生加藤シゲアキに文を待たせ、まさかのキャスター兼シンメの小山慶一郎に文を書かせるとは意外な歌割。興奮するわ。
特に意味はないのだろうけどなんとなく気になった。

5. ワープ中 -INTER-
名前などにいろんな仕掛けなどがあるらしいがおバカな私には何が何だかさっぱり。
謎解きは謎解き斑に任せるとして、ラフな感想としては、
さすがNEWS。さすが沢城みゆきサン。さすがNEWSのプロデューサー様方。

6. LPS
2018年一発目リリースの平和な一曲。
一見ありがちな安いアイドルのJ-POPに聞こえるけど実はこれ素敵だし難しいと思う。
"ひとりじゃないから"って応援してくれる応援歌だし、
泣いてても笑ってても同じ1日として過ぎていくんだから笑っていようよみたいな正論で涙をぬぐってくれる。
サビにはoverlappingもあるし、2番のテゴマス担当のAメロ~Bメロは音ずらしてて、意外と歌うと難しいかも。
でもそれをさらっとやってのけて可愛い笑顔とパフォーマンスしちゃうのがそう、テゴマス。

7. 恋する惑星
今回のアルバム"EPCOTIA"の中で最もポップで可愛らしいラブソング。中性的な顔のてごにゃん率いるNEWS4人が素敵な笑顔でこれを歌ってるところは安易に想像できる。
最初の何回かは少しアホな感じが気になって微妙に思ってたけどこれがハマるのだ。
何度か聞いてるうちにその魅力に気づく。
MarsとVenusが恋をしているのはどうやら火星記号が男女になっているらしい。
さすがはNEWSのプロデューサー様方そしてTAKA3サン
仕掛けがお上手。

8. JUMP AROUND
歌唱力を武器としていきたいという意思の強いアーティストグループ、NEWSの4人、そしてそのうちのメンバー、まっすープロデゥースだからこそ出来たチャレンジングな歌割。それぞれの歌い方や声が映えるよう分けられている印象。NEWSのラッパー・まっすーが作り上げる"JUMP AROUND"の独特な世界観。そこにアクセントを入れているのが孤高のアイドル・手越祐也。入りのラップからサビまでを繋げ、後半にはハモリを入れに来る彼は歌でのみ(?)、NEWSのバランサーだと思う。そして重要なサビを歌うのが安定のシンメであるコヤシゲ。ここ一年ほどで歌唱力が劇的に上がったシゲが主旋律であろうが少し高めの音を奏で、リーダー小山慶一郎が下パートで彼をアシスト。彼の独特な低い声が"JUMP AROUND"のどこかミステリアスで、暗い路地裏で男が群がっているような'悪い'印象をスパイスのように作り上げる。
バランスの良い、ユニークな一曲。

9. ドッキング -INTER-
ここにきて初のメンバーがinterに声出演。正直最初まっすーだって言い切る自信なくって…まっすーっぽいぽいぽいと思っていたらてごにゃんで確信。

10. AVALON
宇宙旅行の途中、たどり着いた先は幸福な島・AVALON
おそらく電子音を組み合わせて作られた異星人であろう生物たちの声で始まるアルバム中盤曲。
あの☆Taku Takahashiサン作曲にしてはシンプルなラップや高速メロディもないようだが、代わりに1番と2番の間にまっすーの低音Englishが。これがもう完璧。
Ryohei Yamamotoサンの素敵な歌詞はもちろん、吐息まじりの"男"感溢れるパート。
独特な世界観で作られたNEWSの新たなおしゃれ桜ソング。
個性的な歌詞や単語ばかりで掴みづらい内容だが、私の注目はサビで言葉を変えて繰り返される"あなたはあなたでいいのだ"というメッセージ。

「You are on your own」
「Go find your way to Avalon

 
11. IT'S YOU
前回の"NEVERLAND"でいう"Brightest"でしょうか。
なぜかってどちらも作曲がm-floのLISAサン☆Taku Takahashiサンなのだ。
さすがはお二人、ユニークでテンポがよくておしゃれな曲。
テゴちゃんの綺麗な高い声が生かされてて嬉しい。

12. 異星人とのコンタクトについて -INTER-
ドッキング聞いた時から思ってはいましたがコヤシゲの登場!!
2人の声はやっぱりわかりやすいね。個性的。
でもさすが慶ちゃんには慣れを感じる~。

13. UFO
この辺りから少しずつ後半戦のNEWSっぽさが出てきた感じ。
私の好きな慶ちゃんの低音セクシーボイスで始まる怪しげな一曲。
そしてまたまた出てきます悪い女。
誘惑されちゃうNEWSくんたち好きです好きです。

「もっと俺が欲しいんだろ」

なんて言われて何もいえませんよ。
はいその通りですいい子にしてるんでこれからもどんどん活躍しちゃってくださいな。

14. EROTICA
アルバムタイトルにここまで寄せてきたくせにこれまたセクシーソングじゃんけ。
NEWSくんハレンチソング多いからもう…♡←
サビがしかもスペイン語て…フリはフラメンコ風でいきますかね?
おそらく今作も得意の"禁断の/一夜の恋"なんでしょうね…。

「本気は絶対出さないで」
「手の内なんか見せないで」

ってこういう健気で不幸な愛に弱いから私、ヤバい。
パートでいうと好きなのは、慶ちゃんの高音

「火傷したっていい」

からの
まっすーの低音

「My baby baby~」

の流れ。もちろん慶ちゃんは低音がいいと思っているけど、
原曲とか確実にうまくいくとこでは高音もギャップが生まれていいなと。
まっすーの低音イケボは、うん。満点。

15. BLACKHOLE
今回の"EPCOTIA"全体的にまっすー推しが強いように感じた理由の一つがこの一曲。
ラップは早い分文字数多くて何となくまっすーが多いように感じちゃう。
まぁ嬉しいんですけど。
残念ながら慶ちゃんの低音はないけど、
まっすーのラップ
テゴちゃんの強いビブラートサビ
シゲの曲調を変える独特な声
が聞けて大満足。
大好きなのはまっすーの

「So sexy, Beautiful 超カワイイ」

 の"超カワイイ"。ヤバい。

16. 星に願いを
"BLACKHOLE"からのこの曲はものすごいギャップ。きっとここをアクセントにアルバムがシメに向かっているのかなと感じた。
ド・バラードでありがちなタイトルだけど、悪くない。
低音ラップを奏でていたまっすーが高音で優しく歌い始めた時にはびっくり。
さすがです。
レセントな曲としては"恋を知らない君へ"に共通点が見える。
歌い出しや曲調も似ているし、どちらも優しい失恋がテーマ。
個人的にパワーアップしたなと思うのはメロディとキー。
やっぱりコヤシゲの歌唱力がぐんぐん上がってきているので任せられるところも増えてきたし、少しチャレンジングなキーも歌えるようになってきたかなと。

17. イノセンス
ポップなメロディーとキーに反して良く練られた歌詞は大人が聞いても勇気付けられるのでは?
好きなところは2番のAメロ、

「道に咲いた花を見つめ
心をよぎる
変わったもの 変わらぬもの
守るべきもの」

シゲが歌うここの詩は、毎日を流れるように生きる私に大事なことを教えてくれた。
そして、変わってしまったメンバーの状況
それでも変わらずここにいてくれる今のメンバー
そんなメンバーを、これからも守っていくべき。
シゲがポップに歌い上げたこの一節にはこんな想いもあるのかなと。

18. 帰り道 -INTER-
最後の沢城みゆきサン
終わりを知らせられると寂しくなっちゃうけど、またツアーで待っててくれるらしいのでいいでしょう。
(私コンサートいけないですけどね)

19. HAPPY ENDING
"U R not alone"の位置であり、"LPS"の延長線のようなそんな曲。今NEWSが大切にしているだろう愛言葉、「1人じゃない」も入った歌詞。
小学生新聞のインタビューでてごちゃんも言葉にしていたから4人がNEWSの楽曲を大事にしていると思えて嬉しくなり、またそれをこの新たな曲が受け継いでいる事実にNEWSを応援していてよかったと思わされる。
1人だなんて間違ってはいけないし、1人だなんて思ったら叱られちゃう。そう心に残してこれから生きていこうと思う。

20. プラトニック [Vocal: 手越祐也]
高音も低音も綺麗に出せる彼だからこそ出来るシンプルだけど豪華なバラード。多重録音をNEWSICALで学んだからこそのアイディアなのだろうか。コンサートでどこのパートを生で歌うのかがきになるが、内心テゴマスでなら2人でハモって歌えたのではないかともったいなく思ってしまったのが本音。
そしてテーマは彼お得意の"叶わない恋"。

「優しい歌がいいと
作り笑いして言うから」

嘘でもいいから。短い夢でもいいから。今ここでかすかな温もりが欲しい。
そんな素直で弱い人の悲しい恋のお話。
てごちゃんの優しい歌声に胸が締め付けられる。

21. 銀座ラプソディ [Vocal: 小山慶一郎]
束縛の強いベタで重い愛がとっても似合う慶ちゃんにぴったりな楽曲。
ありふれた歌詞に最初は流してしまうかもしれないが、二度目三度目にきちんと聞くとどこかクセになり、その魅力にハマるそんな曲。
何度も繰り返されるサビの歌詞、

「死ぬほど愛おしくて だけど会えなくて」

女々しく離れていった女を想う男目線な曲なのだろうか(?)、どこか憧れを感じてしまうのが本音。
誰かにそれくらい愛されたい、愛してみたい、と。
確かな愛の形を見つけられなくて、でも見つけたくて。
男が一人もがき苦しむ素直で弱く、脆い愛。(?)
変わらない、変えられない過去を想いながら彼はこの先も生きていくのだろう。(?)

22. 氷温 [Vocal: 加藤シゲアキ]
もはや恒例となった作詞作曲歌手加藤シゲアキの新曲。ただし今までとは違って今回は歌詞は少なめで曲も短め、語りもなく、とてもシンプルな作り。
テーブルに落ちてしまった氷が溶けてくところを見ながら時が止まる事を願っていると綴るなんとも現実的なのにおしゃれな歌詞。
失恋の歌に思えるのに、私を信じないでと繰り返す複雑な人間関係。
愛してたのに、嘘を重ねて。
去っていかないで欲しいのに、信じて欲しくない。
冷たいのに、温かい。

23. Thunder [Vocal: 増田貴久]
今の日本に生きる全ての人に対してのダイレクトな想いや問いかけと、比喩を使って表される現代に"Thunder"を落とす曲。2018年増田貴久の魂を歌ったような心の叫びをアイドルまっすーの美しい歌声と一人の男増田貴久の力強い歌声が交差。

「ダサい大人になりたくなくて
周りにも流されたくなくて
吐き出したい言葉飲み込んで
たまにはとぼけたピエロも演じて
Hurting under smiles and loosing identity?」

特に若い世代にありがちな仮面をかぶった人に呼びかける歌詞。
自分を見失っているんじゃないのかと問いかけてくれる。
そして、

「Am I still your dream?
Still your glory?
Am I still your faith?
Still your fantasy?
バイアス越しに何が見えるの?
その情報誰が流してるの?」

常に'アイドル・まっすー'でいる彼の裏の不安や葛藤を思わされる歌詞。
まっすーが想うアイドルの"形"は、star, charisma, hope, hero, dream, glory, faithそしてfantasy
私は私でいいんだと確かに、何度も、教えてくれると同時に、
NEWS・まっすーが好きだよ、希望だよ、安心していいんだよ、という気持ちが溢れ出そうになるそんな曲。

(27/03/18)