Lyrics 2018

2018年の終わりという今、私が心に残っている歌詞をここに書いておきます。その歌詞の出どころとか年代とかは関係なく、ただぽっと残っているフレーズを。

 

道に咲いた花を見つめ   心をよぎる

変わらぬもの 変わったもの 守るべきもの

 

数えきれぬ涙拭いて

「弱さ」という強さを手にして

この先の輝きへ

 

死ぬほど愛おしくて   だけど会えなくて

 

ダサい大人になりたくなくて

周りにも流されたくなくて

吐き出したい言葉飲み込んで

たまにはトボけたピエロも演じて

Hurting under smiles and loosing identity?

 

バイアス越しに何が見えるの?

その情報誰が流してるの?

破れた傘で何を凌ぐの?

当たり前のように雨は上がるの?

 

どうか忘れないで誰よりもきみを愛する人がいたことを

 

遠い国の映画のヒーローみたいに   君を救えはしないけど

 

いつか背中をそっと押してくれた   歌のようになれたら

 

悲しみなんて星に紛れて   いつか新しい世界を照らす明かりになる

 

強く生きなくてはいけないよね

 

自分を表現する   人を笑顔にする

それって同じことかもね

 

悲しいこと探しはキリがないし

私は私の道を行く 生きていくのよ

 

愛しているよと いいかけて止めた

偽りの町に 真実は似合わない

 

どんな色にも染まらない 「黒」になろうと誓った

 

いっそ 投げ出しちゃえば

目覚めた本気って そんなものなの?

 

このまま誰にも邪魔されないような

場所へ行きたい We fly...

例えば大切な何かを失ったとしても

 

自由と輝き求め 歩もう 何処までも

行く先は知らない 僕が誰かさえ知らない

このままの僕を 愛してほしい

 

No dejes que este amor

Muera asi

Llorare   Lloraras