夜は短かし歩けよ乙女 / 森見登美彦

お友達が貸してくれると言うので読んでみた。短かったし割と速く読めたのですが、日本語がもはや苦手になってきている私には難しい小説だったかな。

 

純文学なのかそうっぽいだけなのかは正直私にはわからないけど、とにかく古風な日本語、美しい日本語を徹底して作っていて、読む人によっては本当に美しい描写なのかも。ただそこにとてもファンタジックでコメディー風要素が入ってくると私にはついて行けない。感覚が合わなくて、頭でイメージが出来ない。絵が浮かばないと内容が入ってこない。

 

とても新しい世界観で、個性的なキャラクターたち。美しい日本語とポップな表現。並べてみると本当に良いんだけど…もうただただ私がこのお話と出会うにはまだ未熟だったとしか言いようがない。

 

promo.kadokawa.co.jp