犯罪小説家 / 雫井脩介

雫井さん作品3冊目。でも最初に読んだ2つとはまた全然違うテイストだからと背中を押されて完読。すごい、本当に違う。「検察側の罪人 上・下」と「クローズド・ノート」も全然違ったのに…。

個人的には今回読んだ「犯罪小説家」が最初に読んだ2つの真ん中。(お話の系統が。)

 

新進作家・待井涼司の小説の映画化に、奇才・小野川充が監督起用される。小野川は、待井の住む町で以前起きた、美人女性の自殺事件を作品に絡めたがり、異常とも言える執拗さは待井を当惑させ……。クライマックスの恐怖に背筋が凍る、傑作サスペンス、待望の文庫化!

(公式様より引用)

 

今回もとっても面白かったけど、私は3冊の中ではこれが3位かも。やっぱりキャラクターを私は重要視しちゃうクセがあるから、あんまりにも出てくるキャラクターが魅力0だったりするとちょっと苦手。でもこの作品はテーマもテーマだから、キャラクターに一癖あるのも仕方がないだろうし。それに彼らの難ありな性格も私に響かなかっただけで多分好きな人はたくさんいるだろうな。

気になることがあると最後まで突っ走っちゃう今泉とか、想像力に溢れた強気な小野川とか、大きな闇を秘めた冷静な待居など。

私が今まで好きで読んでいたのは有川浩サンとか東野圭吾サンとかで、いつも読んだ後は「堂上教官大好き!」とか「湯川先生は神!」とかそんな頭の悪いテンションだったから、メインの3人誰も好きになれないのはなんだか初めての経験。

お話の良し悪しには直接関係ないけど。

 

読んだことないタイプの作品だったからとにかく新鮮。また暇が出来たら雫井さんの作品にも手を伸ばしてみよーう。

 

www.futabasha.co.jp

lapislazuliruriiro.hatenablog.com