手紙 / 東野圭吾

不動の名作。読んでる間ずっと辛すぎて何度も読もうとしては何度もリタイアした作品。5回目くらいにしてやっと読めました…!私も大人になったんだな…。

 

唯一の肉親、兄が強盗殺人で捕まってしまった弟の人生を追ったお話。親を亡くして以来2人でなんとかやってきたのに、弟を想って犯してしまった兄の罪。そんな兄を恨めるわけがないのに、悪い方へ悪い方へと転んでいく人生。苦しくてもどかしくて、ひどいことの繰り返しなのに、決して光を灯すことを忘れない。ひどいことをしてくる人、言ってくる人もいれば、分かってくれる人もいる。受け入れきれない人もいる。社会で普通に生きていくのは難しい。

 

何度も色んなことに苦しみながら歩んだ結果下す弟の決断が厳しく、それでもそこまでのことをしなくてはいけないという悲しき事実に胸が痛む。平和な解決策なんてない。いい事なんてない。それでも人間を、兄弟を、社会を描いた切ないお話でした。

 

東野さんの綺麗なタッチと光と陰の上手なバランスがなきゃ、読んでも時間の無駄だったと感じてしまったかもしれないテーマ。さすがです。

SONGS OF TOKYO 2018

NHK Worldで放送された歌番組、「SONGS OF TOKYO」のVOD配信が今日までということです。まだのかたは是非。今日のうちに。

www3.nhk.or.jp

 

大好きなNEWSが今年も出演。感想を少し。

 

衣装

f:id:lapislazuliruriiro:20181210131348p:plain

 何ですかあれは?めっちゃ可愛いんですけど!!この番組のためだけに作られたのは明白ですがそれってすごいことなんじゃ…?だってそんなことできるならもっとたくさんのアーティストさんたちがやってますよね?やっぱり彼らか彼らのプロデゥーサーさんたちが自発的に提案したってことでいいんですよね?それくらい、この番組に力を注いでくれたことが伝わってきた。東京オリンピック2020を盛り上げるための番組で、胸に大きくArialで「東京」を掲げて歌う彼らはすごく素敵だった。サイドにもたくさん散りばめられた千鳥格子の模様とか、1人1人違ったデザインはどれも可愛くて似合っていたと思う。去年に引き続き、2年連続で呼ばれたことはとても光栄なことだけど、是非、次のも期待したいな。

 

チャンカパーナ

f:id:lapislazuliruriiro:20181210131632p:plain

可愛い。うまい。かっこいい。素敵。好き。愛おしい。

 

BLUE

f:id:lapislazuliruriiro:20181210144225p:plain

みんな、どこをとっても音源より良いと思ったのは私だけでしょうか?全員安定していたし、迫力もあった。この曲が持っているニッポンのパワーも出されていたし、NEWSのことをそんなに知らないであろう人たちも含んだ会場が一つになってタオルを回しているように見えた。この番組でこの曲を歌う意味を感じたし、何より自信を持った4人の姿はとってもかっこよかった。

 

U R not alone

f:id:lapislazuliruriiro:20181210144323p:plain

一言で言うと鳥肌が立った。

 
涙が出るくらい圧巻の歌だった。すごい。私がどれだけNEWSを愛していて、どれだけ「U R not alone」という曲に救われてるのかを実感した。コーラスさんを交えて歌うのは、2017年放送の「いのちのうた」でも取り入れられた演出でしたが、何と今回は100人。ものすごい圧。いい意味で。後ろからの100人の歌声とお客さんとの間で戦った4人は一体どんな心情だったのだろう。気持ちいいんだろうな、手越くんあたりは。彼ら自身もとても大切にしてくれている楽曲で、何度か披露してくれたが、私は今回がこの歌の慣性系のようにも思えた。成長を見せてくれる彼らだからこそ、きっともっともっと上に行ってくれるのだろうけど、それくらい今回はすごかった。歌がうまいとか音程があっているとかそういうんだけじゃ語れない素晴らしいパフォーマンスだった。4人の熱い想いと一生懸命な姿、全力な姿勢と綺麗な歌声。どれもが私の胸をどんっとどんっと叩いてきて、涙がほろり。

まっすーが歌いながらあそこまで崩れ落ちる姿を見たのは今回が初めて。

 

 

画像のSource:  NEWS - NHK WORLD-JAPAN presents SONGS OF TOKYO

V6の2018年

正直に言えばついでに。

この記事を書いたのでせっかくだしこっちもやろう、と思いました。

lapislazuliruriiro.hatenablog.com

 

V6の2018年:

1.フジテレビ系 ジャニーズカウントダウン2017-2018 司会

2. 戸惑いの惑星 DVD&Blu-ray 発売

3. テレ朝系 アメトーーク ちくわ大好き芸人 出演

4. TBS系 A-Studio 出演

5. 滝沢歌舞伎2018

6. V6 LIVE TOUR The ONES DVD&Blu-ray 発売

7. テレ朝系主演ドラマ "特捜9" (新曲タイアップ)

8. New Single "Crazy Rays / KEEP GOING"

9. ケンタッキーCDデビュー "逆転ラバーズ"

10. テレ東系 音楽特番 テレ東音楽祭2018

11. TBS系 音楽特番 音楽の日

12. TBS系 特番 V6の愛なんだ

13. 主演映画 "散り椿"

14. 主演舞台 "二十日鼠と人間"

15. NHK 特番 "お取り寄せ不可?! 宝メシ" 司会

16. 主演ミュージカル "TOP HAT"

17. NHK BS4K・BS8K 記念番組 司会

18. 主演映画 "来る"

19. フジテレビ系 音楽特番 FNS歌謡祭

20. フジテレビ系 ジャニーズカウントダウン2018-2019 司会

 

 

LIVE TOURのない1年だったし比較的活動の少ない年となりました。特にいのっちの朝の帯番組がなくなっちゃったのはどんな理由であれショックだったし、長野くん剛くんの新しいお仕事みたいなのはなかったりして寂しかった。音楽特番にも呼ばれなかったりで悔しかった。でも、その分2019年に期待しちゃいますよ!1月には50枚目の新曲が決まったし。

avex.jp

ってことはシングルもう1曲くらい後半期にでるかもだし。剛くんの舞台も決まってるし、LIVE TOURが例年通りならあるし!

お願いします…!!!!!!そろそろ枯れます…!!!!!!

NEWSの2018年 ~Johnny's事務所って優しいじゃん~

今日から12月です。もうすっかり年末ですね。2018年が終わるだなんて信じられない。いろいろあった1年だったけど、今年も健康にそれなりに幸せに生きてこれてよかったなと思っております。

 

急ですが、何か起こった時に絶対 "今年のジャニーズ不祥事だらけだな" とかいう人いますけど本当ちっちゃいやつだなーっと思っております。わざわざいろんなグループからいろんな出来事まとめてくれてますけど、まとまりきらないくらい今年だけでもたくさんいいことがそれぞれのグループであったはずなんですよね。

ネガティブな方しか受け取れないなんて、かわいそうな人たち。人生つまんないんだろうな。よかったことまとめて幸せを受け止める方がずっと楽しいのに。

 

私はNEWSが15周年なだけあってたっくさんたっくさん愛を頂いてます!(現在進行形) とりあえず年内のものだけ、集めてみました。覚えている限り、音楽特番なども含みました。決して出演する事が当たり前ではないですからね。それこそV6なんて今年ほとんど呼ばれてませんから☆笑

 

NEWSの2018年:

1. ジャニーズカウントダウン 出演 & 15周年メドレー

2. New Single "LSP" 発売 → オリコン1位 (シングル22作連続首位 歴代単独3位)

3. New Album "EPCOTIA" 発売 → オリコン1位 (10作連続オリコン首位 歴代単独1位)

4. NEVERLAND展

5. "LIVE TOUR 2018 EPCOTIA"

6. "NEWSに恋して" 配信

7. 日テレ系 特番 "NEWカップルS" 放送

8. "anan"不定期連載小説開始

9. "タイプライターズ" 季刊放送

10. "PON!" レギュラー出演

11. 日テレ系 サッカーW杯メインパーソナリティ就任 (新曲タイアップ)

12. New Single "BLUE" 発売 → オリコン1位

13. "傘をもたない蟻たちは" 文庫化

14. ファッション雑誌 "装苑" 連載 "MFBB"

15. "いのちのうた フェス" 2年連続司会 & 出演

16. 日テレ系音楽特番 THE MUSIC DAY 出演

17. フジテレビ系音楽特番 FNSうたの夏まつり 出演

18. TBS系 音楽特番 音楽の日 出演

19. 舞台 "Only you ~ぼくらのROMEO&JULIET~"

20. 日テレ系 主演ドラマスタート = メンバー全員出演 = Huluも合わせて14話

21. "15th Anniversary LIVE Strawberry"

22. New Single "生きろ" 発売 → オリコン1位 = 初の1年にSingle 3枚発売 (デビュー曲からの連続1位獲得作品数 歴代単独3位)

23. "生きろ" グッズ付き Special Anniversary BOX

24. ジャニーズショップ アニバーサリー企画 ("Strawberry" グッズ一部通販)

25. "テレ朝DREAM FESTIVAL" 初参加

26. "NHK World SONGS OF TOKYO" 2年連続出演

27. フジテレビ系 音楽特番 FNS歌謡祭 出演

28. テレ朝系 音楽特番 MUSIC STATION SP 出演

29. 日テレ系 サッカーCWCメインパーソナリティ就任 (新曲タイアップ)

30. フジテレビ系 特番 "一曲NEW魂!!!!"

31. フジテレビ系 SPドラマ "犬神家の一族" 主演

32. 日テレ系 特番 "クリスマス☆ゼロ アナザーストーリー全部お見せします"

33. ジャニーズカウントダウン 出演 (中継)

34. "DOME LIVE 2018 - 2019 EPCOTIA ENCORE" 単独カウコン@京セラ & 東京ドーム

 

しかもこれらそれぞれの中にもいろんな嬉しいことが含まれてるんですよ!!

- EPCOTIA LIVE TOURでは初のさいたまスーパーアリーナ公演とか、
- 15周年LIVEの会場対応がすごく良かったとか、
- "生きろ" のSpecial Anniversary BOXが結成日に到着とか、、、etc

 

本当に嬉しい。幸せ。。だってもうすごい量じゃん…。。この1年私はこれら一つ一つに嬉しくて感謝して幸せになってきたんですよね。お手紙とかハガキ、番組への感想、Twitterのタグ付けの大切さなども学べたし、NEWSファンでいてとっても楽しくて新しい1年でした。来年は海外でLIVE出来たりしたら嬉しいな。

とりあえず、手越くんがまた新曲、"SPIRITS" を持ってきてくれたし、ゼロのDVD&Blu-rayが発売させるし、EPCOTIA LIVEのDVD&Blu-rayも発売されるし、年始からどんどん始まるからそれらも楽しみに生きましょう!!!!

 

だから私だったら、、、
「2018年ジャニーズすごいじゃん!!!!」

殺人偏差値70

何年か前に日テレ系で放送されたSPドラマ。三浦春馬サン主演。他キャストに城田優くん、瀧本美織サン、栗山千明サンなど。

原作はこれとは違うタイトルであるみたいだけど、読んではない。

 

タイトルで "殺人" というハードな単語を使っているけれど、この話で結局主人公・圭介は '殺人' を犯すわけではない。苦しい生い立ちから、プレッシャーで溢れた身近な人間関係と上手く結果に繋がっていかない自分の人生に、3度目の東大受験の日から苦しみを感じ始める。

 

ひろしからの脅迫をきっかけに爆破予告からどんどん罪を犯しそうになっていく圭介の様子が見ていて苦しい。のめり込んでいって、自分自身が変わっていってしまっている事に気づかない風がとても怖い。

 

正直に言ってこの話で1番かわいそうなのは圭介の彼女、理香子。彼女はもう何年も圭介と付き合っていて、よくしてくれていて、応援してくれて。良家の娘なのにお金もちでも何でもない圭介を親に紹介したいとも言ってくれて。とってもいい子じゃないか。同じサークルにそれこそ "お似合い" な先輩がいて、圭介はその彼に嫉妬してしまうわけだけど、それでも結局理香子は最後までずっとずっと圭介を好きでいてくれていた。何せ友達の少ない圭介。自殺したところで社会は何も変わらない。

エンディングの理香子の言葉がすごくこの製作者さんたちのメッセージ性を込めていて胸にきた。

 

「目に見える学歴のようなものばかりを意識して、この人たちはどこへいくのだろう。」

 

わかりやすく城田くん目当てで見たわけですが、彼また世間様に嫌われる役だったのですね…。最近そんなのばっかだね…。でも好きよ!今回もとっても格好良かった。最低な役だったけど。相変わらずの鋭くて怖い目つきで。

 

www.ntv.co.jp

Nのために

2014年にTBS系で放送された湊かなえサン原作のドラマ。

1ヶ月ほど前にHuluで見終わって興奮がすごくてそりゃあもう大好きなドラマになったのにもかかわらず…書こう書こうと思って忘れてた。。バカな私。。できればあの時のあのすごいテンションで書きたかった。でもまあしょうがない。今覚えている限りで書いてみよう。

 

まず、湊かなえサンの作品を読んだ事がなかったのでストーリーがびっくりするほどしっかりしていて衝撃。内容とか設定とか話の展開がシリアスでちょっろ重いくらい。でも私は割と重いの好きだからOK。

Amazon:

https://www.amazon.co.jp/N%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E5%8F%8C%E8%91%89%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B9%8A-%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%88/dp/4575517046

 

2004年、高層マンション・スカイローズガーデン48階の部屋で、野口貴弘 (徳井義実サン) とその妻・奈央子 (小西真奈美サン) が殺害された。その現場に居合わせたのは“ある計画”を立てた大学生の杉下希美 (榮倉奈々サン)、希美の高校時代の同級生・成瀬慎司 (窪田正孝サン)、希美と同じアパートに住む安藤望 (賀来賢人サン) と西崎真人 (小出恵介サン)。その場で西崎が逮捕され「自分が貴弘を殺した。不倫関係にあった奈央子を貴弘が刺したため、カッとなって殴った」という自供により、殺人罪で懲役10年が言い渡された。

 

事件から10年後の2014年。懲役を終えた西崎が出所しようとしている中、この“野口夫妻殺人事件”を独自に追う元警察官・高野茂 (三浦友和サン) は、事件の調書や裁判記録などを読みあさり、この事件の判決に疑いを抱いていた。それは、関係者の証言がそれぞれ微妙に食い違い、現場検証の結果と犯人の証言にも矛盾があるにも関わらず、西崎が「自分がやった」と証言したことで有罪が確定したからだ。さらに、高野は事件関係者のうち、2人を以前から知っていた。杉下希美と成瀬慎司だ。2人は高野が長年駐在として働いていた瀬戸内海の青景島の出身で、高校の同級生だった。何故2人揃って野口夫妻殺人事件の現場に居合わせたのか。2人とも偶然だと証言しているが、それは本当なのか。野口夫妻殺人事件は15年前の夏、瀬戸内海に浮かぶ島で、希美と成瀬が起こした“ある事件”からすべてが始まっていると高野は確信していた。

 

この野口夫妻殺人事件には、何か真相が隠されているに違いない――。
どの“N”が、どの“N”のために、罪を犯してしまったのか――。
そして、“N”とは誰なのか―――。

Source:

金曜ドラマ「Nのために」|TBSテレビ

 

- ネタバレありです。-

 

榮倉ちゃん演じる希望ちゃんも窪田くん演じる成瀬くんもそりゃあもう良い子で良い子で。。ずっとずっと2人には一緒に幸せになって欲しかった。最終回の抱き合うシーンでガン泣き。

島での希望ちゃんの暮らしはもちろんひどいもんで…。そんな中成瀬くんとの出会いはさぞ大きいものだったんだろうなと。将棋で盛り上がって、シャーペンのノックの回数で想いを伝えるなんて…そこだけは全然普通の高校生じゃん。「東京に行く」という目標は2人の関係を強いものにしたし、頑張る理由ができてよかった。でもまた希望ちゃんがお母さんに部屋に閉じ込められたシーンではガン泣き。なんでそんなの辛すぎる。もうやめて。

成瀬くんの家が燃えた謎は本当に衝撃だった。成瀬くんがやったって思い込んでた。途中で「おい希望ちゃんにはしっかり言えよ」って思ったけどまぁいい。

 

東京に行ったら途端に成瀬くんの登場回数が減ってしまって最初は残念だった。でも賀来くん演じる安藤と小出くん演じる西崎さんが優しくて良かった。

希望ちゃんがいつになっても冷蔵庫に食べ物をいっぱい詰めておく習慣が、希望ちゃんの大きな闇を表しているのに当たり前だけど気づけない2人がもどかしい。最後の最後で希望ちゃんに起こる苦しみも本当に切ないけど、きっと大丈夫。成瀬くんがいるからね。

 

もうなんか色んな人たちの関係性がうまくいかない感じが毎エピソードもどかしいのに、その間にも事件の真実がちょっとずつ見えてきて毎回豪華。いつもいつも次が気になってしょうがなくてすぐ見終わっちゃいました。放送当時は間に1週間あったなんて信じられない。窪田くんにもちょっとはまってきちゃったのでこれからいくつかみてみようかな。

 

私は超平和主義だし、視聴者としてはめっちゃ王道で純粋なところがあるので希美ちゃんには早く苦しみから解放されて成瀬くんと幸せになってほしかったわけで。すれ違いが辛すぎた。安藤どんどん入ってくるし。。安藤いいヤツだけど2人の関係の邪魔はすんなって思ってた。。だからちょっと東京の希美ちゃんの家に成瀬くんが来てた時の私の謎の優越感といったら…笑

事件の現場での2人を見つめる安藤サイドの時も優越感ありましたわ…笑

ごめんよ安藤。成瀬くん頑張れ。

 

ってことで今は重すぎて興奮しすぎてちゃんとどうって言えないけど、またしばらく経っていくつか別のドラマとか挟んだら時間があるときに見返したいな。

以上、大好きなドラマにランクインした ”Nのために” の感想でした~。

www.tbs.co.jp

分身 / 東野圭吾

2人の人物目線を交代で書いていく形は東野さんとしては珍しかったような。今回は全く接点がないはずだった2人の女の子の運命がどんどん交わっていく展開だったのでページをめくる手が止まらなかった。後半の危機迫るシーンで目線が変わっちゃったりして焦るし、2人が違う場所で少しずつ真実に近づいていくのにすれ違っちゃうから読者としては焦れる。結局最後まで2人は会えなくて、ラストのラストで何も言わずに分かり合ってレモンをかじるところで涙。

 

2人は全然違うようにみえて似ている。最終的には2人とも両親を失くして、途中まで真実探しを手伝ってくれた人とは別れた。でも、その2人にはそれぞれまた会いにいくのかな。ライターさんは養子だったという秘密があったわけだけど、それでもかなり良くしてくれた。下条さんも医療学生としてクローンというものに興味があったというのが手伝ってくれた理由なわけだけど、彼女もまたとても良くしてくれた。サンプルだと言われた時のショックはもちろんキツイだろうけど、あそこまでたどり着けたのは確実に彼女のおかげであろう。

 

この後2人はどうしていくのだろうか。一緒に助け合って生きていくのか。同じ顔で。それとも、またそれぞれの場所に帰って何もなかったかのように生きていくのか。どちらも難しい。同じ苦しい経験をした同士、同じ顔を持つ同士、近くにいても離れても仲良くしていてほしいな。

 

相変わらずクローンとか代理母とか難しいトピックなのに人の想いとか人生とかを綺麗にまとめてくるからすごい。感動した。