boy meets girl

Am I still your star? Still your charisma? Am I still your hope? Still your hero? Am I still your dream? Still your glory? Am I still your faith? Still your fantasy? ---- Answer "YES" to ALL the Questions.

"きのう何食べた?" 感想.

2019年4月5日放送スタートのテレビ東京系連続ドラマ。簡単に言うと40代のゲイの同棲生活。現代日本社会では厳しいゲイの恋愛とお料理が上手にあわさった平和な深夜ドラマ。"おっさんずラブ"の波は上がりっぱなしだなーなんて思ってたけどこれメインキャスト2人のスケジュールが合うまで前々から待ってたって本当なのかな。そうだったらすごいな。確かにTwitterで流れてきた原作漫画をチラッとだけ見た感じ雰囲気がすっごいあってたから正解だと思う。あの独特なふわふわ感は坂口サンと西島サン2人だから出来たってつくづく思わされる。

 

筧史朗は街の小さな法律事務所で働く雇われ弁護士。 史朗の日課は、定時に事務所を出た後に近所の安売りスーパーへ向かうこと。お買い得な食材をすばやく吟味しながら、頭の中で瞬時に夕食の献立を組み立てていく。月の食費を2万5千円以内に抑えるのが史朗にとっての重要課題なのだ。

帰宅した史朗は早速夕食づくりに取りかかり、三品のおかずと炊き込みご飯、味噌汁を手早く仕上げる。そしてちょうど夕食の支度が調った頃、帰宅してくるのが同居する美容師の矢吹賢二だ。二人は”シロさん“”ケンジ“と呼び合う恋人同士。二人で食卓を挟みながら取る夕食の時間は、日々の出来事や想いを語り合う大切なひととき。

ある日、連れ立って歩いていた二人は賢二の美容室の常連女性客・千石さんと出会う。千石さんは史朗を見るなり「この人が例の彼氏さん?弁護士で女役っていう・・・?」。それを聞いた史朗の顔色がサッと変わった。周りから偏見を持たれることが嫌な史朗は、自分の素性を職場に公表していなかったが、賢二は職場どころかお客さんにまで話していたのだ。これは・・・今夜の食卓は波乱の予感?

シロさんとケンジのほろ苦くもあたたかい毎日と、日々の食卓を描いた物語の始まりです。

 

一見普通なのは西島サン演じるシロさん。世間体がどうしても気になっちゃって自分がゲイなことなんて人には言いたくないし、どこか負い目を感じてしまってるよう。でも親には説明してるし彼氏もいて同棲までしちゃってるんだからこのドラマは平和だ。お料理も得意できっちりしててまとも。に、見えるけど、でもなんかあるとシロさんよりケンジの方がよっぽどまともだろって思ったりもした。ケンジはシロさんとは反対だけど、とにかくシロさんが大好きな気持ちがビンビン出てて愛されキャラだなーと。

 

ゆるゆるな日常が描かれてたからあんまりゲイについてとかじゃない風だけどでもちゃんと大事なところもあったと思う。シロさんから名言もでたし。

「もしあのまま付き合い続けていたら結婚したかもしれない。でもゲイというのを止められないから妻も子も裏切って外で彼氏作って、その彼氏も傷つけていたかもしれない。ゾッとするよ。」

 

あとはまぁシンプルにジルベールが面白すぎた。なんであんなわがままなのあいつ。(笑) うざい通り越して笑ったしなんか見てて面白かった。シロさんの妄想のジルベールは最高に二次元で大爆笑。最初のあのハリネズミも面白かったわ~。センスが良い。
クリスマスディナーの後の帰り道のだいちゃんとジルベールの会話もめっちゃ面白かった。確かにジルベールとケンジはどこか似てて、シロさんとだいちゃんは鈍感なところとか似てるかもしれない。

 

正月に、実家に、ケンジを連れて行ったのはすごかった。お父さんとケンジがシロさんのアルバムを勝手に見ながら真面目な話をしてるシーンは、重要だって分かってるのになんかやけに面白かった。何故だろう。

お母さんの挙動不審な感じは辛いような面白いような、でも自然なような、不思議な気持ちになった。

ケンジ、よく頑張ったねー!

 

お料理もとっても美味しそうで、リアタイしてる日はキツかった…金曜日の深夜に…メシテロだよ…。2話に出てきたイチゴジャムすっごい美味しそうだったな~…。
しかしあまりに難しかったり栄養考えててすぎて絶賛お料理勉強中の私には全く参考にならなかった。あは。レベル高すぎ高杉くんだよ。

 

www.tv-tokyo.co.jp

"インハンド" 感想.

まさか全部見れるとは思ってなかったけどどのお話も面白かったからナチュラルに見れた。このドラマはキャストとか主題歌とかがってわけじゃんくて単純にストーリーが面白くて見てた。寄生虫がテーマ(?)なお話なんて私は今まで見たことなかったから興味深くて。クスッと笑えるような面白いシーンもあれば、めちゃめちゃ感動で泣いちゃうこともあったりするし、かと思えば鬼気迫るシーンもあって、なんだこのドラマ全部持ってるじゃないか!ってなった。何気に今クール1番好きなドラマかも。

 

寄生虫学者・紐倉晢は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。
そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴という美人官僚が訪れる。サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬に会いに行く。高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

( from 公式サイト )

 

1話は途中からなんとなく犯人が分かってしまっていたのに、"誰が犯人か"が大事な展開ではなかった。紐倉の言葉に本当に泣いてしまって、てっきりこのドラマこのままずっと感動でせめていくのかと思ったよ。最後に高家くんがクビになってしまって同情がすごかったけど、あっさり紐倉に助手にしてもらいに言って笑った。最初はどうメイン3人組が集まるのかよくわからなかったけど納得。いいトリオじゃん?!

 

そして2話でもまさかの号泣。なんなんだあの話。"スーパースプレッター"ってなんなんだよ悲しいよ。メディアがどれだけ彼の心を痛めたのか想像もしたくないけど、でも、牧野が彼に触れられなかったのは責められない。彼に触れることができて彼を説得できたのは、紐倉というか義手のおかげって思っちゃいそうだけど、でも紐倉がああじゃなきゃ彼だって触れられたくなんかないよね。

 

3話は急にお話の毛色が変わった気がして驚いたけど、でも、妹さんのことは本当に苦しい話だ。怖いし、想像も出来ない。そして、お姉さん (社長) が紐倉のことを覚えていなかったのに、思い出した時のあの展開はキタ。ポップに見えて悲しいお話だったのに、高家くんが誘拐されちゃったりするからおかしくっておかしくってもう…。泣くより笑っちゃったよ…。

 

4話のあの話ももちろん残酷で怖かったけど、そんなことよりもバイト感覚で薬のテスター(?)サンプル(?)になんかなっちゃダメだろおい!!医大生!!やめておけ!!って感じだった。あは。

 

ここまでずっと牧野がちょっとずつ紐倉の秘密に近づいていってたのに、まさか5話で全貌が明らかになるとは思ってなかった。最終回まで引っ張るやつだと思ってたし。あっさり教えちゃっていいの?!って。ただ最後の屋上での話をなぜ福山さんが知っているのか不思議でしょうがないけどね。あんたそこにいたんか?!ってね。でも今度はここから福山さんに何か秘密があってそれが最終回までのキーになるみたいだったからこれは面白い脚本だわ。見るのやめられないもん。

 

そのテンションで6話はまさかのドーピング。これに関してはエンディングももちろん寂しかったしあれだけど、ドーピング、したはしたんだよね、彼。単純な事実として「した」んだよねぇ…。

 

7話はまさかの牧野の娘の話。牧野に娘がいたこともびっくりだしその子が病気で苦しんでてってのにもびっくり。だけど、あんなに時間がないならもっと早く紐倉に頼めよ?!って思っちゃったよ。だってあれ昨日今日分かった話じゃないんでし?!ってね。でもまぁ牧野も大変だって話だし、それに牧野の旦那さんが研究者でその娘が寄生虫学者・紐倉が好きになるのもわかるわー。(笑)

 

8話はまさかの鬼の血。絶妙にファンタジーで絶妙にリアルだった。お話としてももちろん面白かったけど、最後の紐倉との会話、

「私はあの子に何を言ってあげればいいんだ?」

「絵を描いてもらったらどうですか」

 にもなんか泣きそうになった。しかもこの話をわざと公表しないようにした紐倉の同期の遠藤さんも、いい人だ!

 

9話から急に確信に迫り始めた。高家くんのお母さんがすごい絶妙に面白くてたくさん笑ったけど、それにしても厚生労働省の人めちゃめちゃやなやつだな。ずっと思ってたけども。ここから最終回までは絶対見逃せないやつだ。楽しみ。

 

最終回前からラストの展開には鳥肌。すごく怖いし震えるし、でも物語としてはすごく面白い…!新型エボラだなんてもうまさにメイン3人がそれぞれの場所で活躍する最高な展開…!(テレビのインタビューに割って入って「通りすがりの天才だ」って堂々と言った紐倉に爆笑) (ちょいちょい紐倉って中二病。)

とはいえ2回に渡って号泣しすぎた。みそのの旦那が亡くなってしまった時にも号泣。無事出産したとこでも泣いた。でもタカイエくんが感染した時には号泣以上の号泣した。紐倉のあのどうにも出来ない無力な自分を感じながらもなにか出来ないものかと葛藤する姿にも泣いた。お手紙にも泣いた。

でもまぁ結局、紐倉が大活躍で、タカイエくんも復活して、お母ちゃんの漬物が天才的で、牧野の娘は紐倉が大好きで、そんで紐倉はタカイエが大好きなハッピーエンド。嬉しいよう幸せだよう。

  

www.tbs.co.jp

 

"特捜9 Season 2" 感想.

始まる前からいのっちがインタビューとかで何度も今回はいつもと少し違うって言ってたけど、本当に違った。ペアが交代したりしてたのも大きいと思う。それから班長が動くようになったのも、昇格してちゃんと主任になった浅輪くんが上から睨まれる役にまわったのも大きな変化。

 

放送が始まる前からちょいちょい今回はペアのごちゃ混ぜが新しいって言ってたから現場に向かうときの割り振りが多くて楽しかった。今日は誰と誰が…?って。

 

それから今回浅輪夫婦のイチャコラが増えた気がする。嬉しい。みちこちゃんの昔の友達とか、直樹の昔の恋敵に、直樹のヤキモチに…。はぁ、最高か。なんて平和で仲良しな夫婦なんだ。もっとくれ。

 

ってテンション上がる時もあったけど、みちこちゃんでてこないこともよくあったから残念だったよ…。みちこちゃんくれ。謎に私の中でみちこちゃんの需要高いから。

 

とにかく、来年にも期待してます!!もっと浅輪夫婦ラブラブしちゃって良いんだからね!!

(めちゃめちゃIQの低い感想になってしまった。笑)

 

www.tv-asahi.co.jp

"パーフェクトワールド" 感想.

フジテレビ系連続ドラマ。2019年4月16日スタートの松坂桃李くんと山本美月サンW主演の恋愛もの。

 

建築士の鮎川樹は、大学生の時に事故に遭ったことが原因で、脊髄を損傷し、下半身が不随に。“恋愛も、好きだったバスケットボールも、もうしない” 心に固く決めていた。

そんなある日、高校時代の同級生・川奈つぐみと再会。閉ざされていた樹の心が、少しずつ開かれていくー。

二人の前には、さまざまな“困難”が立ちはだかる

つぐみに思いを伝えられない幼なじみ・是枝洋貴

自暴自棄になっていた樹を励まし続けた“恩人”・長沢葵

突然障がい者となった息子を、誰よりも心配する、樹の母・文乃

障がいのある樹との恋に反対する、つぐみの父・元久

お互いを“幸せにしたい”と思えば思うほど、二人はすれ違い―。

無限の可能性が広がる中で、樹とつぐみが選ぶ未来とはー?

( from 公式サイト )

 

大河ドラマ "黒田官兵衛" の長政を演じていた時から松坂桃李くんは好きで、出来るだけ彼の出演作品は追ってるから今回のドラマは絶対見たかった。"図書館戦 The Last Mission" での再共演もあったりして私の想い人の岡田准一くんとも親しくしてるみたいで、とにかく優しくてお芝居も素晴らしい松坂くんだから、車椅子の人の役でも全く心配してなかった。そして本当にそうだった。私は健常者だからちゃんとしたことはわからないけど、でも逆に、こちら側から見て不自然さは感じなかった。そしてこれはTwitterで流れてきてすごく共感したんだけど、松坂くんって顔も整ってて背も高くて甘い声でってとにかく魅力的な人なはずなのに作品の中で全く浮いてない。こんなかっこいい建築士いないでしょとかって正直ならないし、こんなかっこいい人病院にいたら大変だよ(?)とか思わないから不思議。すごいな…。

 

一方ヒロイン役を演じた山本美月サンは正直、私、食わず嫌いしてた。ちゃんと彼女のこと見たことなかったけどあんまり好きじゃないかなって思ってた。今度岡田准一くんの主演映画「ザ・ファブル」でもヒロイン役を演じてるから予習気分で今回このドラマを見てたけど、すっごくよかったと思う。ってかこの子めっちゃ可愛い。なになに可愛いよ。めっちゃ純粋でピュアででも真面目な今回みたいな子の役にぴったりあってる。お洋服もすっごい可愛いの似合ってるし、"おっとりして見えてちゃんと我がある" 女の子だった。可愛い。表情とか髪型で感情が伝わってきたりもして、見てて面白かった。

 

この物語の良いところは周りの人に良い人が多いこと。2人それぞれの上司がめっちゃ良い人。鮎川くんのお友達のハルトくんも。あ、彼もよかったな。あれジャニーズの子なんだ?知らなかった。初めて見る子だ。

 

4話あたりの川奈のヘルパーのナガサワサンへの嫉妬というか対抗心というかがめちゃめちゃ分かるんだけどちょっと見てられないくらい明け透けでキツかった。あそこまできたらやっぱり鮎川くんはナガサワサンにやめてもらうべきなんじゃないかって思ってしまった。大切な恩人なのは分かるけど、それはお互いプライベートとして会って何かしらのお礼をしていくことはできるわけで…。本当に川奈が好きでナガサワサンにそういう気がないなら、ヘルパーとして来てもらうのをやめたっていいのに。

頑張る川奈はやりすぎっていうか頑張りすぎなのはそりゃあ分かるんだけどそこが真面目で可愛くて一途だっていう彼女の魅力じゃん?!(笑) ただまぁ、あの、資格取るためのセミナーはちゃんと言えよって思ったよね。

ヒロも、「同じ男として、知りたいと思うよ」みたいな風なこと言ってやれよってちょっと期待しちゃったよね。

あとあの、ナガサワサンってホント口が悪くて気が強くて川奈とは正反対よね。はっきりしてていいけど、なんだかねぇ。普通に嫌なヤツだよね。(笑)

 

5話は開始2分で号泣。もう大変。ティッシュがなきゃ見れないドラマってまさにこれじゃん。

でも正直6話からだんだんつぐみちゃんにもイライラしてきたよ。「は?いや、何で?」って思う箇所がたくさん出てきた。ヒロのキスを受け入れて背中に手を回しちゃった時はもうため息。どうしてそうなった?とはいえ、いつきもさぁ…。何だかなー、って。

とにかくヒロが痛々しくて辛かったから、もう諦めろよって思ってて、何かあるごとにヒロがつぐみにかっこいいこと言ってつぐみを諦めていつきくんと一緒になるよう背中を押すんじゃないかと思ってたけど、そんな中私の父が予想したヒロのセリフが大爆笑だった。

父の名言:「オレ、旅にでるよ。」

いやいやいや旅には出ないだろ。社長だよ?(そこ?!)

(いやそしたら本当に旅に出てたとかさらっと言うからびびったよね。)

7話のあのいつきんの寝顔の絵を書いちゃったのはまずかったよね。一緒にいたって即バレたー。しかも車中と言う狭い密室。でもあれがヒロにバレたって言うのはどこを演出したかったんだろう?単純につぐみがいつきのことよく見てるとかまだ想いがあるとかそんなとこ?それとも、つぐみはヒロに「私は眠れなかったから避難所にいた」みたいなこと言ってたら、ウソつかれたと思ってる?でもつぐみがヒロにウソついたみたいなテンションではなかったか。

 

とにかく、素敵なドラマだったと思う。山本美月サンのこと、好きになった。でも、ほぼ毎週泣かされたのよね。ちょっと毎回泣くのはきついっす。(笑) 愛ね!冗談!(笑)

 

 

www.ktv.jp

"東京独身男子" 感想.

メインキャスト3人を知ってもう見るって決めたドラマ。一生くんは准くん (V6・岡田准一サン) の親友でしかも大河ドラマ軍師官兵衛」以来好き。滝藤賢一サンは「関ヶ原」で准くんと共演されてたし、「探偵は早すぎる」がすごくよかった。斎藤工サンも顔はタイプじゃないけど別に嫌いじゃないし!

 

50歳まで1度も結婚したことのない男性が4人に1人いるといわれる現代。そこに登場したのが、没頭できる仕事と趣味、そして高い家事能力まで持ち、友達とも充実した日々を過ごす“あえて結婚しない”男子=『AK男子』たち! “何でもひとりで事足りる”彼らは、アラフォーになってもなお結婚の必要性を感じない、はずだったのですが…!?

( from

イントロダクション|土曜ナイトドラマ『東京独身男子』|テレビ朝日

)

 

時代にあわせてか、結婚しない/できないオトコたちにフィーチャーしたドラマは割と新しくて面白かった。
まぁそれにしても、太郎ちゃんは自己中で軽率で面倒な男だなー!!正直私だったら絶対結婚したくないよう。

 

いろんな男と女たちの事情があったりして、3人で基地に集まって会議して、色々面白いところもあった。主人公のお部屋とかはめちゃめちゃおしゃれで素敵だった。
けどなんかなんでもない感じだったかな。私はまず世代も違うしで、私みたいな年齢に向けて作ってないのは明らかだから、仕方ないな。

 

www.tv-asahi.co.jp

Dramas 2019 Summer 視聴予定.

6月から7月にかけて帰国したり引っ越ししたりで本当に忙しくて前季のドラマの感想を書ききれてない…。本当は次の予定はそれらが終わってからにしたいところだけど、予定は始まる前じゃなきゃだし。先に次に向けての予定を。順番はまたまた初回の放送される順番。

 

01. 監察医 朝顔

www.fujitv.co.jp

すでに初回の放送は終わっているけども、ちゃんと録画はしてたから今度時間があるときにちゃんとみる。でも正直最後まで見る自信はない。どうだろう、1話によるかな。キャストに大した興味はないけど、逆に嫌いな漢字の人もいないから、そこは問題なし。

 

02. ボイス 110 緊急司令室

www.ntv.co.jp

これは100%見る。大好きなまっすーがレギュラーで出てるし、真木よう子サンも好きだし、刑事ものは基本好きだし、"声"っていうテーマも興味深い。

ZIP!で告知をしていた時に、真木サンが「私もちょっとアクションやりたい」って言っててそりゃあそうだよ!というかこのメンツの中じゃ真木サンのアクションが私は1番みたいよ!と思ってしまうくらいには真木サンに注目している。

 

03. 僕はまだ君を愛さないことができる

www.cinemart.co.jp

これはみないかもしれない。タイトルとか大まかな設定は面白うそうだと思ったけどまぁ、結局は、ありふれたラブストーリーな可能性もあるよな、と。そんな気配を感じたらやめよう。

 

04. TWO WEEKS

www.ktv.jp

三浦春馬くん主演のドラマ。タイムリミットサスペンスは好きだし、三浦春馬くんも好き。なので頑張ってみたい。

 

05. 百合だのかんだの

www.fujitv.co.jp

 最近ゲイカップルとかのドラマは増えてきてたけど、なんとなくレズは少ないイメージがある。だからこのドラマはちょっと気になる。 

 

06. 凪のお暇

www.tbs.co.jp

このドラマは正直あんまり見る気はなかったけど、高橋一生くんと市川実日子サンが好きなので1話くらいは見ようかと。

 

07. だから私は推しました

www.nhk.or.jp

女性(OL)がアイドルにハマってオタクになっていくドラマなんて初めてで新鮮だからちょっと気になる。最近のNHKのドラマはどれも面白いから楽しみかも…!

"白衣の戦士!" 感想.

最初は絶対見ないと思ってた。なにせめちゃめちゃチープな演出だったし、主人公はおバカで使えないし、展開はほとんどあるあるだったし。それに私基本、日テレのドラマあんまり好きじゃない。

しかーし。水川あさみサンが割と好きだからっていう理由で1話を見てみて、その次の週も「特捜9」の後暇だったからみちゃった。しかもそこまできたらなんとなくあのアホさにも慣れちゃって。むしろあるあるな展開が面白くなってきた。

 

天真爛漫で型破りな "元ヤン" の21歳新米ナースと、「今年中に結婚退職!」を目標に婚活中の34歳がけっぷちナースが、仕事に恋に悪戦苦闘!白衣の天使ならぬ戦士が、病院という「命と戦う場所」で、笑って、泣いて、成長する。痛快お仕事ドラマ。

(from イントロダクション|白衣の戦士!|日本テレビ )

 

見てない人からしたらとんでもなくバカなドラマでつまんなそうだろうけど、ちゃんと見た私からするとそこまで悪くもなかった。バカなところはちゃんとバカだったけど、何気にしっかりするところはしてる。さりげなくも、主人公は毎回成長していた。少しずつだけどできることが増えてたし。

 

同期の男の子に簡単に恋しちゃう展開もめっちゃ単純で笑った。そしてその男の子は超がつくほどの鈍感だし。(笑) ちゃんと最後に付き合ってたし。(笑) そんでみはらサンもだいぶ近場の男と付き合うことになったし。(笑)

もはや、ラブ:コメディー = 1:9

でもまぁ、いい意味で "ながらみ" にはちょうどいいドラマだった。

 

www.ntv.co.jp