"room"を見て.

相変わらず感想をかく映画が時期にあっていないですね。
わかっておりますが、今後改善していくつもりもありません…。

さて今回は"room"です!!
2016年1月公開で、主演はBrie Larson。
加えてJacob Tremblayでした。

Brie Larsonは今作で見事米アカデミー賞の主演女優賞を受賞。注目です。

この映画、日本ではそこまで話題にならなかったとは思うのですが私は好きな感じのトピックだったのでチャンスを伺っていました!
(まさか2年後になるとは思っていませんでしたが。)

 


突如監禁された女性と監禁した男との間に生まれ、その部屋の中だけで育ってきた息子が、外の世界へ脱出を試み、社会に適応していくまでの葛藤や苦悩を描いたヒューマンドラマ。

考えもしないような恐ろしい設定。
全体的に主要キャストも少なく、決まったテリトリーの中でだけ進んでいくストーリーですが、まさにのめり込んでしまったように飽きないのです。
途中何度か言葉の発せられない沈黙がありますが、恐ろしい状況を写した映像なのにどこか美しいんです。

 


-少しネタバレ-

 


一切映像のない監禁のきっかけ。
止まった時間。
どうにもできない虫歯。
伸びていく一方の髪の毛。
ふたのないトイレ。
薄暗い部屋の唯一の天窓。
匂いの消えない部屋。
狭いクローゼット。
キャンドルのないバースデーケーキ。
埋まらない溝。
知らない男。
変わっていた両親。
世間からの目と声。

あたりまえの存在しない、想像もつかない過酷な日常。
少年が5歳になるのをきっかけに動き出した母の行動。

見ていて苦しくなるのに、しっかりハッピーエンドを見守らなければいけないという使命感で目が離せませんでした。

 


-もっとネタバレ-

 


そしてこのお話の中で私が少し気になったところが1つありまして。
あの、女性警官。
明確な表記や発言は一切ありませんでしたが、この人にも何か背景があるのかなと思いました。
まずあの少年が保護されて彼のヒントにしたがって"部屋"を探す場面。
女性警官は変わった彼の発言1つ1つにしっかり耳を傾けて見事"部屋"を見つけ出します。
が。あんな少ないかつおかしなヒントで見つけられるなんてすごすぎじゃない?
私はこの女性警官だけはずっとこの誘拐事件を追っていたのかなと思いました。
女性ならではの気持ちで、確実に誘拐事件であるという確信と許せないという想いで捜査を続けていたのかと。
実際前席に座っていたつまらなそうな、信用のなさそうな男の警官が映るシーンがありました。
コントラストなのかな、と。
17歳の女子高生が行方不明でも、家出と思われたら終わり。
事実主人公は7年も監禁されていたわけですから。
17で誘拐にあい、19で犯人との間にできて'しまった'子を産んで'しまい'、5年間1人で一歩も外に出ないまま子育てし、24で大きな決断を。
こんな人生波乱すぎる。

そして、面白すぎる、この設定。
映画なので、フィクションなので言わせてください、面白い!!