"SONGS OF TOKYO 2018" 感想.

NHK Worldで放送された歌番組、「SONGS OF TOKYO」のVOD配信が今日までということです。まだのかたは是非。今日のうちに。

www3.nhk.or.jp

 

大好きなNEWSが今年も出演。感想を少し。

 

衣装

f:id:lapislazuliruriiro:20181210131348p:plain

 何ですかあれは?めっちゃ可愛いんですけど!!この番組のためだけに作られたのは明白ですがそれってすごいことなんじゃ…?だってそんなことできるならもっとたくさんのアーティストさんたちがやってますよね?やっぱり彼らか彼らのプロデゥーサーさんたちが自発的に提案したってことでいいんですよね?それくらい、この番組に力を注いでくれたことが伝わってきた。東京オリンピック2020を盛り上げるための番組で、胸に大きくArialで「東京」を掲げて歌う彼らはすごく素敵だった。サイドにもたくさん散りばめられた千鳥格子の模様とか、1人1人違ったデザインはどれも可愛くて似合っていたと思う。去年に引き続き、2年連続で呼ばれたことはとても光栄なことだけど、是非、次のも期待したいな。

 

チャンカパーナ

f:id:lapislazuliruriiro:20181210131632p:plain

可愛い。うまい。かっこいい。素敵。好き。愛おしい。

 

BLUE

f:id:lapislazuliruriiro:20181210144225p:plain

みんな、どこをとっても音源より良いと思ったのは私だけでしょうか?全員安定していたし、迫力もあった。この曲が持っているニッポンのパワーも出されていたし、NEWSのことをそんなに知らないであろう人たちも含んだ会場が一つになってタオルを回しているように見えた。この番組でこの曲を歌う意味を感じたし、何より自信を持った4人の姿はとってもかっこよかった。

 

U R not alone

f:id:lapislazuliruriiro:20181210144323p:plain

一言で言うと鳥肌が立った。

 
涙が出るくらい圧巻の歌だった。すごい。私がどれだけNEWSを愛していて、どれだけ「U R not alone」という曲に救われてるのかを実感した。コーラスさんを交えて歌うのは、2017年放送の「いのちのうた」でも取り入れられた演出でしたが、何と今回は100人。ものすごい圧。いい意味で。後ろからの100人の歌声とお客さんとの間で戦った4人は一体どんな心情だったのだろう。気持ちいいんだろうな、手越くんあたりは。彼ら自身もとても大切にしてくれている楽曲で、何度か披露してくれたが、私は今回がこの歌の慣性系のようにも思えた。成長を見せてくれる彼らだからこそ、きっともっともっと上に行ってくれるのだろうけど、それくらい今回はすごかった。歌がうまいとか音程があっているとかそういうんだけじゃ語れない素晴らしいパフォーマンスだった。4人の熱い想いと一生懸命な姿、全力な姿勢と綺麗な歌声。どれもが私の胸をどんっとどんっと叩いてきて、涙がほろり。

まっすーが歌いながらあそこまで崩れ落ちる姿を見たのは今回が初めて。

 

 

画像のSource:  NEWS - NHK WORLD-JAPAN presents SONGS OF TOKYO