幻夏 / 太田愛

いやはや早速読んじゃいました、太田愛サンの「犯罪者」シリーズ第二弾。面白かったです!私この作家サン好きだって読み終わってすぐつぶやいちゃいましたもん。

今回は刑事の相馬にスポットを当てたお話。相馬が小学校のたった一夏を共にした兄弟 (親子) の壮大な物語。

 

文庫版の裏のあらすじ:

「俺の父親、ヒトゴロシなんだ」毎日が黄金に輝いていたあの夏、同級生に何が起こったのか――少女失踪事件を捜査する刑事・相馬は、現場で奇妙な印を発見し、23年前の苦い記憶を蘇らせる。台風一過の翌日、川岸にランドセルを置いたまま、親友だった同級生は消えた。流木に不思議な印を残して……。少年はどこに消えたのか? 印の意味は? やがて相馬の前に恐るべき罪が浮上してくる。司法の信を問う傑作ミステリー。日本推理作家協会賞候補作。

 

とにかく一家族をフィーチャーした物語にしてはスケールがとても大きくて、その分闇と苦しみも大きい。想像もつかないトリックと、今までにない展開にページを捲る手が止まらない。

 

儚くて勇気溢れる少年の苦しみに満ちた人生と、今現在、この日本社会で実際に起こっている様々な問題や事実が交わり合っていて、とても濃いお話だと感じた。

 

とにかく尚の勇気と覚悟と責任と愛と、全てがかっこよくて一途で。こんなに美しい少年を、ここまで苦しませてしまう社会がどれほど残酷で冷たいか。今の社会を変えられなくても、こういう人に手を差し伸べられる人になりたいと思うし、おかしなことを見つけたら、出来るだけ声を上げられる人になりたいとも思う。
尚と拓、香苗さんとそれから相馬。彼らのような人が現実にはいない、これは”妄想”である”完全に架空のお話”であると言い切れるような、社会は来るのだろうか。

 

ただ、犯罪者の時もそうだったけど、なにかと修司ばかり危ない目にあっているような気がする。今回もまた殺されそうになってたし。若者は回復が早いからってことかな?地味に相馬はいつも安全。笑

相馬、頑張ろうな。笑

 

この次の鑓水が主になっている作品も読みたいけど、アテがない。上下で買うのは高いし使っている図書館にはないし…。しばらく先になりそうだ…。

 

www.kadokawa.co.jp